×

万博を前に盛り上がる街

オフィス

かつては人口が二番目で東京に次ぐ大都市だったものが、いつしか横浜には抜かれ名古屋には肩を並べられかかった大阪ですが、やっと元気を取り戻して来た感も見えて来ています。出来た時は不人気だった関西国際空港ですが、インバウンドが好んで使う空港となり、そのおかげもあり大阪市内にはたくさんの外国人観光客で溢れ返るまでになりました。その成果は毎年20%以上の伸び率を示すことで、今や世界一の伸び率となっていると言われます。また2025年には大坂万博の開催も決まり、大いに盛り上がっている経済界ですがその強気な理由には、人工知能や仮想現実などの体験や最先端技術の実験場と言うコンセプトもあり、若い人たちの活躍が見込まれることです。そのため今、賃貸オフィスの利用希望者が非常に増えている状態です。

不動産会社選びも慎重に

希望が多く見える街大阪で一旗揚げようとオフィスを構える人がするべき行動には、良いオフィスを見つけ出すと言うことです。仕事の内容にもよりもますが、立地条件を間違うことなく探し出すことが必要です。来客数が多くなる仕事には、市内の中心部が良いと言うことになりますが、来客がなく率先と営業に回ると言う時には、交通機関の便利な新大阪と言った地域でも良いことになります。そのよいオフィス探しには良い不動産会社を選ぶ必要で、オフィス専門か得意とする不動産会社を探し出しましょう。これはインターネットでも判断出来ることになりますので、焦らずに探すことが良い方法となります。不動産膾炙から良い物件があったからと言われても、鵜呑みにすることはいけません。賃貸オフィス選びは、実際に自分の目で確かめることが必要になります。

部屋に必要なものの確認を

賃貸オフィスに必要なことは、間取りだけでなく配線の位置も重要なことになります。パソコン類と言った電気製品が多く使われる時代ですから、配線がキチンと取れる位置にあるのかと言うことも大事になって来ます。また最寄りの駅との距離も大事なことになり、あまりにも遠くてもいけません。通勤に不便であっては、一緒に働く人の士気にも影響が出て来る可能性もあるからです。滅多にはない心配ですが、同じビルに入居する企業も知っておく必要があり、騒音問題などに悩まされないためにも、多くの情報を手に入れておきましょう。時には分譲マンションの一室を借りると言うことも起きると考えられますが、その場合管理規約の情報が最新のものであるのかと言った確認も必要です。そして賃貸料ですが、ダメもとで値引き交渉をしてみるべきです。大阪商人と言う訳ではありませんが、まだ儲かっていないため、少しでも少ない費用で終わらすこの努力も必要です。

広告募集中